上尾市で絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室です。

つかもとピアノ教室@上尾市・東大宮

声楽家の友人と、つかもとピアノ教室にて伴奏合わせ

   

歌は、歌詞が同じでも曲の様子でイメージがぜんぜんちがうものです

今日は、声楽家のお友達と伴奏合わせをしました。昨年秋に6曲ほど楽譜をもらい12月ごろから合わせをしてきて何度目かの合わせです。

この曲は、彼女の親戚の方の書かれた詩が、たいへん優秀な賞をとり、その詩に現在活躍中の作曲家が曲をつけたという、まさに今を生きている歌曲なのです。

おもしろいのが、ひとつの詩につき二人の作曲家が作品にしているので、同じタイトルのものが2曲ずつあります。

たとえば<髪を切った>など、ふとした日常の情景をわかりやすい言葉で紡いだ詩に、明るい調子の曲だと(いわゆる長調です)晴れのお天気の中で、ちょっと見慣れない髪の長さを気にしながらも新鮮で、どこかカラっとした歌です。

反対に、暗い調子(短調ですね)で静かなメロディーラインが続くと、少し陰鬱な心の中を髪の長さにたとえながら語っているような歌で、伴奏も、より慎重になる気がします。伴奏合わせ

伴奏の楽譜が実は非常にむずかしく、今日もいろいろミスタッチをしてしまいました。(ごめんなさいKさん)

詩の内容や場面ごとにテンポが速かったりゆっくりになったり、不協和音や臨時記号も多く「これは聴音(聴きとった音をノートに書くこと。音楽関係の学校の試験には必ずあります)のテストかい!?」というぐらい、何度も確認し、弾き、音に慣れるようにしてきました。

ピアノ伴奏もソロと同じで、練習を重ねるごとに・・・

歌の伴奏は、主役である声楽の方に気持ちよく歌っていただくことが一番です。ブレス(息つぎです)はもちろん、ためる部分もありますし、文字どおり息を合わせることが大事になります。

今回、弾けるようになるのに少々(いえ、かなり)手間取りましたが、実際に歌と合わせることで雰囲気や流れなど、だいぶつかめてきました。このあたりはソロの場合と同じで、ひととおり弾けてからこそ内容を深めていくことができるもの、とあらためて思いました。

非常に勉強になるので、こういう機会は、とてもありがたく思っています。

練習の後は、蓮田の蕎麦ダイニング空楽(そら)にてランチ

練習の後は、ランチへ。これが楽しみで伴奏合わせをしているのかもしれません^^;

今回は、蓮田の駅前にある蕎麦ダイニング空楽(また別頁で紹介したいと思います)に行きました。Kさんは、とてもほがらかで周りからの信頼も厚い人で、そんな彼女と、なにげないことで大笑いしながら本日の楽しいランチタイムでした。そばランチ

出典 空楽(そら)HPより

 

 

 

 

 

 

 

 - 日々のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

卒業
昨日は原市南小学校の卒業式でした

明るい春の陽射しの中、原市南小の卒業式でした 「春は、出会いと別れの季節」とても …

吹奏楽部
原市中学校の吹奏楽部のコンサートでした。

小雨の原市中の体育館にて、パワーあふれる気持ちの合った演奏でした! 4月を前に桜 …

郵便ポスト
現在のピアノ教室の場所、原市に来てうれしかったこと本日発見

むむむ、なにかがちがう?? いつもどおり気むずかしコーギーを連れ、家を出て数歩ほ …

パンダ・・・
スイッチステッカー

つかもとピアノ教室、リビングに・・・ 以前から、雑貨屋さんで見かけるスイッチステ …

チョコレート
海外からのお土産をいただきました

海外からのいただきものが、たまたま続きました 1つは、こちら。カナダ旅行のおみや …

大宮公園、梅
大宮公園(さいたま市大宮区)の梅まつりへ

春はすぐそこ、美しい梅&梅 先日、さいたま市大宮区にある大宮公園へ梅を見に行きま …

ガーベラたち
つかもとピアノ教室HPのごあいさつ

このたび、初めてのピアノ教室のホームページを開設いたしました。 いまだガラケーで …

立体的看板
先日のポストに続き、つかもとピアノ教室の目印

「塚本さ~ん、どこですか~?」 まだこちら原市に来て、1年も経っていない現在の住 …