上尾市で絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室です。

つかもとピアノ教室@上尾市・東大宮

人前で演奏するための5つの練習方法とは?

   

つかもとピアノ教室で伝えている、人の前で弾くために必要な5つの練習は?

ふだんから一人で楽しくピアノを弾くのも、もちろんよいですが、発表会やクリスマス会など、場所の大小問わず何人か集まった時に弾き合ったり、聴き合ったりするのは楽しいことだと思います。そんな時にサラリと弾けるような、自分のレパートリーを持つこともよいことです。(レパートリーについては別の機会に)

弾く日程がわかったら、その日に向けて、いつもの練習に少しちがったことをプラスしてみましょう。その少しのプラスが、当日の自信になります。

①曲に書いてあることを、しっかり理解しましょう

ひょっとすると、この①に全てのことが集約されるかもしれません(笑)「理解する」というのは少々バク然としているようですが、楽譜のすみずみまでに目を通す、ということです。

練習してる時に見てるよ~!と思うかもしれませんが、あらためて曲を、よーく見てください。楽譜には、まず最初に大切なことが書かれています。ト音記号たち

ト音記号?ヘ音記号?何拍子?何調?(長調で明るい?それとも短調で暗い?)

テンポは?(速い?ゆっくり?)でだしの音の音量は?(強い?弱い?)

などなど。つい、すぐに音を出したくなりますが、最初の重要情報をしっかり確認してからのスタートです。

②全体をながめて形式を意識しましょう

並んでいる音そのものへ注意を向けるのはもちろんですが、それと同時に「木を見て森を見ず」にならないように、全体像を見ましょう。森

ページ数が多いと「大変すぎる・・・」と練習前からグッタリすることも。ですが曲というのは、案外同じことが出てきます。

主役部分であるメロディーと、その後の展開する部分、それらをグループ分けして構成を頭に入れることで、なんとなくコンパクトになった気がします。

③弾く日から逆算して、仕上げる部分の時間割を決める

最初のページから最後まで、ただ弾き通すだけの練習をしていたら、おそらく本番直前に大焦りになることしょう(笑)

弾きとおすことも、もちろん必要な練習です。が、それとは別に、部分部分で期間を決めて弾けるようになりましょう。②で言った、グループごとの仕上げがその一つです。

たとえば3つのグループがあるとしたら、本番当日の1ヶ月前までに弾けるようにする。だとすると逆算して、その2ヶ月前から「10日間ずつ1つのグループの練習をする」という感じでしょうか。(グループというのも少しおかしな表現ですが)

そうやって部分的に弾いていくことで、抜けがなくなるように思います。

④暗譜を確実にしましょう

暗譜をする。楽譜を見ないで弾く、ということですが「確実な暗譜」これは本当に大切なことです。(楽譜を見ながらの演奏がいけないわけではありません。が、弾くことに集中するために、できれば暗譜がよいでしょう。)

弾く前のドキドキは当たり前ですよね。私の場合ですが、その緊張感と同時に、ふとわきあがるのが「あの部分、なんの音だっけ??」ということです。誰でも浮かぶことかもしれませんが、ただでさえ緊張している中、ここに「不安」という暗雲がただよってきたら、弾くのがこわくなってしまいます。

そういった不安要素をなくすために、それこそ五線紙に書けるぐらいになると、少しは安心できるでしょうか(笑)勉強している女の子

私のまわりには尊敬できるピアノの先生が多くいるのですが、その中のお一人から聞いたこと。それは、右手、左手、片手ずつの暗譜するということです。右手は主役部分が多く、手が覚えてくれやすいですが、左手は、それに呼応していることが多いので、けっこう無意識に弾いていることがあります。

発表会でたまに見かけるのが、右手は良いのに、左手の音を1つ間違って弾いてしまい、その後も正しい音に戻れず残念な演奏になってしまう・・・こういうことを防ぐために、左手のみの暗譜というのは、とても効果的だと思います。

⑤メトロノームを使って、テンポを安定させましょう

練習の中では、時々メトロノームを使います。練習過程で使いますが、あえて曲が仕上がったテンポを、しっかり数で認識しましょうメトロノーム

緊張すると、自分の中のテンポ感が揺らいだり、速くなったり、逆に遅くなったりします。速すぎても遅すぎても、いつもの感じとは異なってしまい調子が出ないことも。そういうことを避けるため、たとえば<四分音符=100>など数で認識して、メトロノームの音<カチッ、カチッ、カチッ、カチッ・・・>このカウントを心の中でとらえておきましょう。このカウントに自分のピアノ=音楽をのせていけば、安定して弾けると思います。

 

これらの練習するするためには、真剣にならざるをえない、ですね!

ふだんとは一味も二味もちがったことを加えることで「よく弾けた~!」という満足感を、より感じられるのではないでしょうか。

 

 - ピアノ・レッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ゆか
小さな集まり会

昨年末、小さな弾き合い会をしました。CMでおなじみの「海の声」、練習曲の定番であ …

24日
つかもとピアノ教室クリスマス会2日目でした

クリスマスイブの本日、教室にてクリスマス会2回目でした 昨日に引き続き今日は2回 …

レッスンノート
レッスンでは、こんなノートを活用しています

つかもとピアノ教室では、レッスンノートも使っています レッスンに使うノートは、音 …

部屋の中
つかもとピアノ教室のレッスン室の様子と小道具たち

こんなお部屋でレッスンしています 10畳ほどの部屋にヤマハのグランドピアノを置い …

音符ピンク
ピアノ教室にてがんばる中学生から「昼休みに弾けるものを!」

相変わらず部活に忙しい中2の女の子より「昼休みにクラシックを弾きたいんです!」 …

秋
クリスマス会のものを選曲しています

9月になれば、一気に秋冬モードです セールだセールだやっていたショッピングモール …

笑顔OKマーク
伴奏について、うれしかったこと

小学校、中学校では、音楽会や合唱祭などで、ピアノが弾ける人が伴奏をしますね。習っ …

つかもとピアノプール
レッスン室に仲間入りの可愛いコ♪

アチアチ、ムシムシな毎日の中 ただいま梅雨まっただ中。とはいえあまり雨は降らず、 …

ピアノ連弾
連弾♪

  ただ今「わらの中の七面鳥」の連弾している二人。楽譜は難しくないので …

つかもとピアノ教室ピアノ看板、外
哀しき看板・・・

形あるものは こわれるものです・・・ たしか1年数か月ほど前に製作&取り付けをし …