上尾市で絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室です。

つかもとピアノ教室@上尾市・東大宮

ふだんのピアノ練習の中で、いつも頭においておきたいことは?

   

そもそも「ピアノを練習する」って?

ピアノを習っていると必ずついてくる言葉である「練習」。「今日、練習した?」「今から練習しようかな」「レッスン近いし練習しないと」などなど。

私も生徒さんが入会される時には必ず、「ピアノは、練習が必要です」と伝えます。あたりまえのことのようですが、第三者(この場合、先生であるワタシ)が伝えることで、レッスン時間に、ただ来るだけでは楽器は上達しないということを、あらためて知っておいてもらいたいからです。

で、この、「ふだんの練習」とは。

ピアノ練習の内容って?

現在練習している曲には、どんなものがあるでしょう。

ツェルニーやブルクミュラー、ソナチネなどピアノ練習の王道の教材。趣味の歌謡曲やポップスなどメロディーが楽しいもの。憧れのショパンやベートーヴェン。それぞれの練習過程や好みの中、ピアノに向かっていることでしょう。

●弾けない部分にポイントをしぼって、その箇所を繰り返してみる。

●とりあえず止まらないで弾きとおしてみる。

●思い切りゆっくりなテンポで、と同時に暗譜できるぐらい楽譜を読み込みながら。

その他、さまざまな方法があるかと思います。

どんな曲でも大切はことは、ゴール(仕上げ)をイメージして!

そんな中、なかなか意識できていないのが、「どんなふうに仕上げたいか」ということです。

「練習しているうちに弾けてくるから、弾けないところをなくしていけばよい」ともいえますし、ゼロからコツコツ、というのは、こういうことだとも思います。どの部分も弾けるようにする。スラスラ通せるようにする。これらのことも、もちろん大切なことです。

ただ、どんなふうに、その曲を仕上げたいのか。聴かせたいのか。ゴール=仕上げのイメージを、頭にしっかり持ちながら、そのゴールに近づけていくよう意識して練習をすること。これが、もっと大切だと思います。

「イメージをもつ」って、どういうこと?とも思いますよね。その曲のCDをきく、ということが、まず簡単なところでしょうが、全部の曲をCDで聴くというのも、なかなかむずかしいですね。

なので私は、てっとり早く「こんな曲だよ~」と、レッスンの時に弾いて聴かせてしまいます。1度2度聴いたくらいで、耳コピになって譜読みのじゃまになるとは思いませんし、「こんな曲なんだ♪」と知っておくことで、家に持ち帰った時に練習に入りやすくなります。

<ああいう感じの曲>といったゴールが頭にあると、それに近づけていくのが練習ということになります。

こういう時の私の演奏が、かっこわるくてはいけないので、そういうことも含めて今もレッスンに通っています(笑)青鍵盤

 

 

 

 

 - ピアノ・レッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

メール
つかもとピアノ教室へのお問い合わせいただく方へ、お知らせします

時々メールが迷子になるようです ホームページからのお問い合わせをいただき、ありが …

そうま
教材を弾く以外にもピアノの音を出しましょう!

基本は、自分で楽譜を読んで、それらを音にすること。ですが・・・ つかもとピアノ教 …

バッハ2
弾きたいピアノ曲の好みは変化する。こちらの思い込みは要注意

「前前前世」や「千本桜」も大好きな小学生高学年の男の子。 自分の子ども時代を振り …

楽譜立て、ななみ
つかもとピアノ教室では、初めてピアノにふれる生徒さんに、できる工夫をしています

ピアノをスタートしたての生徒さんは、初めてのことがいっぱい! おうちに遊びに来た …

梅
部活で忙しい中学生たちもピアノ教室に通っています。中学生も楽しみながらピアノを習うコツ

いそがしい中学生たち 当教室へ通っている中学生の生徒さんたち。 バスケや吹奏楽な …

いろは
クリスマス会など人の前での演奏は、こんな練習も効果的です

人の前で弾く曲は、いつもとちがう練習を加えてみましょう 弾いてみたかった曲。「こ …

小人
4/27(月)記 5月のレッスンについて現在考えていること

『GW』ゴールデンウィーク→がまんウィークだそうです 4/7(火)の非常事態宣言 …

ピアノ椅子
新しい椅子がレッスン室に仲間入りです

クリスマス会を前に、椅子をひとつ購入しました。 これまで、「トムソン椅子」といわ …

ひまり
つかもとピアノ教室では教本が一冊終わると、ささやかなごほうびがあります

ふだんのレッスンでは、教材を数冊使います つかもとピアノ教室では、弾いていく楽譜 …

親子2人
大人になっても実はピアノをほめられたい。ということは・・・

ピアノを習いたい!スタートはやる気でいっぱい! 「ピアノを弾いてみたい」という気 …