上尾市原市にあるピアノ教室です

つかもとピアノ教室@上尾市・東大宮

私もリストに大、大苦戦中

   

4月からの生活に慣れかけた頃にGWあり!

新年度スタートから少し時間が経過し、新しい環境や時間割、時間設定などに落ち着きかけたかな・・・という頃にゴールデンウィークがババン!!とあり、この週明けは慣れかけた日常へ戻ることに、子どもも、そして大人も少々戸惑い気味かもしれません。つかもとピアノ連休

つかもとピアノ教室では、夏休み入ってすぐの辺りで、弾き合い会を予定しています。

いつものレッスン室で今回、よりラフに弾いてもらうつもりです。(仕上げをてきとうでOK、という意味ではなく笑)

生徒の皆さんにも人前での演奏を経験していただくとして、私もその頃にある、とあるコンサートでの演奏する曲を練習をしています。してはいるのですが・・・・・

ゼロからの曲は、たしかにたいへん、たいへんだけど・・・

練習をしながらも、まず弾けるようにする →暗譜 →弾きこむ →確実な暗譜 →やっぱり弾きこむ、のサイクルが、はるか遠く~にあるのが、現在の練習曲です。

「このまま弾けない気がする感」でいっぱいの曲、それは、リストのハンガリアンラプソディの6番です。つかもとピアノリスト

曲は、迫力もありながらとても明るく、なにより後半の楽しいメロディーが昔から好きでした。

この曲は、私が音大の1年生だった時、門下生の集まりで一つ上である2年生の先輩が、とてもかっこよく弾きこなしていたことを覚えています。つかもとピアノ演奏

その頃は、たったひとつでも年上だとはるか遠い存在、まだ大学入りたてホヤホヤの1年生にとって、なんとも華やかで、すてきに見えた記憶があります。そういった想いと、曲の強烈な印象と相まって、私にとっては時間が経っても憧れの曲といえます。

よく聴いている大好きな曲とはいえ大人(オバチャン)になった今でも、ゼロから譜読みをして、音を手でつかんでいくことは、ほんとうにラクではありません。

けれど、こんな風に楽譜に向かって私自身も四苦八苦することで、生徒さんが新しい曲へ向かう時の心情を忘れないようにしたい、そう思っています。

そして、新しい曲へのチャレンジが「わ~たいへん、やだな~」ではなく、「どんな曲だろう?(ワクワク♪)」と思えるように、音符やリズムなど、よりスムーズに覚えていただけるように、なんちゃら全集をBGMにしながら、日々レッスン室で頭をひねっています。

つかもとピアノ考える

 

 - ピアノ・レッスン風景, 日々のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

2020年の発表会を予定しています

子どもたちの短い夏休みが終了しました 熱波のようなお天気が続いているこの頃。そん …

【日常ネタ】ちょっとナイな〜の買い物

かわいいものに、つい目が行きますが・・・ レッスン室にも数多くある、北欧雑貨屋さ …

兄弟でいきなり奪い合い!それは・・・

色々な形が大人気のようです 以前ブログに書いたことがある、こちらスクイーズ。 h …

【オンライン教材】形読み(かたちよみ)です

音名と同時に、形読みを! みんなにおなじみのドレミ。 一口にドレミといっても、そ …

2021発表会が終了しました

秋晴れの日曜日に3回目の発表会でした 昨日、さいたま市のプラザノースホールにて、 …

今日は【かがやキッズDay】でした

そういえば、そんなのがあったような? 今日の朝は、ふと気づくと辺りが静かで、なん …

ご希望に合わせたシニア用の楽譜を作りました

弾きたい曲が弾けることは最大の楽しみ 自分の好きなメロディーが弾けることは、ピア …

さいたま市見沼区の大宮公園の梅まつりに行ってきました

春が待ち遠しいこの時期に、大宮公園で梅まつりが行われます 三寒四温を実感するこの …

【日常ネタ】我が家は『牛乳無くなり恐怖症』

どうでもよい日常ネタ『牛乳』 いつもマジメ?にレッスンのことを書いていますが、ど …

いろは
クリスマス会など人の前での演奏は、こんな練習も効果的です

人の前で弾く曲は、いつもとちがう練習を加えてみましょう 弾いてみたかった曲。「こ …