上尾市で絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室です。

つかもとピアノ教室@上尾市・東大宮

<夏休みだよ!ミニコンサート>を行いました②「弾けるようになること」と「弾きこむこと」→レパートリーを持とう!!

   

練習してきたものを発表することのたいへんさ。大切さ。

<お客様を前に、おじぎをして、これまで練習してきたものを発表する>
何歳でも、何年ピアノを弾いていても、幾度となく人の前での演奏を経験していても・・・お客様の前での緊張は同じではないか。そう思います。

つかもとピアノ 緊張
その際、お客様はもちろん弾いた本人の満足感も大切ですし、それまでの練習の重ね方にも意味があります。
曲が弾けるようになるには、譜読み→少しずつ弾けるようになる→スラスラと楽に弾ける、と段階があり、その中には、楽譜の理解や曲の表現なども含まれます。ごく短いものであっても曲には必ず学習ポイントがあり、それらに気をつけながら弾き進めることで上達していくものだと思います。
そして、「弾けるようになること」「弾きこむこと」には違いがあり、この「弾きこむ」ということで、より大きく成長できるように思います。

自分の経験でもそうですが、時間をかけて弾きこんだものは何年経っても弾くことができ、それらへの想いも他のものと少しちがう気がします。作曲者そのものの人生、時代背景、そして曲の中の一音一音の配置など、「そうなのか~」「やっと覚えられたー!」などと理解したものは意外に忘れないものです。

そんな風にパッと弾けるもの(これがレパートリーですね♪)が数曲あれば、なにかを弾くキッカケになるので、いつまでも楽器が身近な存在でいられるように思います。

これまでにもシニアの方や、生徒さんにも時折伝えてきていますが、これからも、今回のようにいつもより時間をかけたものを弾きこんでレパートリーにしましょう!!・・・ということを言っていくつもりです。

つかもとピアノ ステージ

 - ピアノ・レッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

いろは
クリスマス会など人の前での演奏は、こんな練習も効果的です

人の前で弾く曲は、いつもとちがう練習を加えてみましょう 弾いてみたかった曲。「こ …

連弾♪②

小5男子二人で、ドヴォルザークの「家路」を連弾中。 楽譜は見慣れた四分音符が多い …

つかもとピアノ 午前
<2018夏休みだよ!ミニコンサート>を行いました①ソロ&連弾

夏休みに入って初日、つかもとピアノ教室レッスン室での弾き合い会です 相変わらずの …

青鍵盤
ふだんのピアノ練習の中で、いつも頭においておきたいことは?

そもそも「ピアノを練習する」って? ピアノを習っていると必ずついてくる言葉である …

つかもとピアノ手紙
かわいいお手紙をいただきました

生徒さんの女の子からお手紙をもらいました 先日、小学校2年生の女の子Sちゃんがレ …

苦労している
つかもとピアノ教室おすすめ♪ピアノに向かわないでできる有効な暗譜方法

私もショパンを練習中② 年明けから、ショパンのソナタ3番のフィナーレ(終楽章)を …

つかもとピアノ教室ピアノ看板、外
哀しき看板・・・

形あるものは こわれるものです・・・ たしか1年数か月ほど前に製作&取り付けをし …

楽譜立て、ななみ
つかもとピアノ教室では、初めてピアノにふれる生徒さんに、できる工夫をしています

ピアノをスタートしたての生徒さんは、初めてのことがいっぱい! おうちに遊びに来た …

音符ピンク
ピアノ教室にてがんばる中学生から「昼休みに弾けるものを!」

相変わらず部活に忙しい中2の女の子より「昼休みにクラシックを弾きたいんです!」 …

プログラム
もうすぐ、つかもとピアノ教室のクリスマス会です

レッスン室にてクリスマス会をします 今年のクリスマス会が、もうすぐです。幼稚園の …