上尾市で絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室です。

つかもとピアノ教室@上尾市・東大宮

ピアノを弾くこと以外に、考えながら自分の手で書くことも有効な方法、なので五線ノートも大いに活用中です

   

楽譜を読む→読譜、ということ

ピアノのレッスンに限らず、音楽の勉強となると欠かせないのが楽譜を読む(読譜)ということです。

トップページでも書いていますが、ピアノを弾くということは、楽譜を見て鍵盤の場所も確認して、そして止まることはしないで・・・と、いくつもの作業があるため、特に習い始めは慣れないことで目がまわりそうです。

ただ、それだからこそ巷でいわれている脳に良い>ということもわかる気がします。瞬間瞬間、頭も体もフル活用!しますから。

プラスのおけいこは、おんぷが少ないうちから即!

つかもとピアノ教室でのレッスンでは読譜に必要なことについて、アレやコレや策を練り、机で行う練習も取り入れています。

音符カードを並べたりはもちろん、音は連なっていることで音楽になるので、2つずつや3つずつなど音符をグループにして読んだりもします。

つかもとピアノ はるかちゃん

小2のHちゃん。習い始めて、ちょうど1年経ちました。音符の形にも気をつけながら正しい位置にト音記号の「ド、ミ、ソ」などを書いています。

Hちゃんの他にもノートに書くことをしている生徒さんがいますが、「音符の形はどんなかなー?!」とたずねると「まんまる!!」という答えが多いです。うん、そう、たしかにまるいよね、と対応しつつ楽譜を見るとわかりますが、まんまるではなく、少し右上がりの楕円のような形。こういうこと含め、細かくても正しいことを伝えていきたいと思います。つかもとピアノ ドレミ

※この書き方の場合、テストだとすると後半は×になります。ト音記号の時はシ以降の棒は下向きになり、黒い玉部分の左側につくことになるからです。こうしたことも、知るキッカケがないと、ずっと知らないままになります。目に見えてるけど認識はしていない状態、は、もったいないですね。

 

教材では、ごく少しずつ音が増えていきます(ドだけの曲。ド、レだけの曲。というように)が、たとえば新しい音が出てきてから、「これは、〇の音だよ」というより、五線のしくみをまず理解して、できるだけ広い範囲の音符に、早めに慣れる方がよいと考えています。

なので生徒さんの様子を見ながら、いろいろなパターンで、どんどん音の数を増やすようにしています。

私の感覚ですが、復習より、まずは予習が大事だと思えます。前もって知識があると、「そうそう知ってる、そうだよね!」と余裕を持って、すんなり頭に入り、そこからの展開も理解がしやすい。そんな気がします。

ピアノをすると、やはり脳にもよい!?

読譜というからには、<楽譜を読めるようになれたらよい>わけですが、弾いている時に楽譜を見ているだけでは、実は

なんとなくは、読めているけど・・・・・

だったりもします。そこで、目で見る以外のアプローチのひとつとして、生徒さん自身が実際に、音符を五線紙に書いていくこともしていきます。

学校の勉強のように、授業でのことをノートに書き出す、確認する、覚えると同じで頭の中にあるものを自分の手で姿形にすることで、音符の位置関係もすっきり整理されて、読譜に強くなります。

じっくり頭を使いながらの作業なので、しっかり脳も使っている、かな!?

つかもとピアノ もえるクマ

 

 

 

 

 

 

 - ピアノ・レッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

こはるマイク
おうちでの練習中に<?>があれば、どんどんおたずねください

つかもとピアノ教室のレッスン方針の一つは、<わからない>がないようにする ですが …

ななもも
すてきな おそろいのレッスンバッグです

姉妹でおそろいのバッグです このところ梅雨らしいお天気が続き、少し肌寒さも感じま …

つかもとピアノ手紙
かわいいお手紙をいただきました

生徒さんの女の子からお手紙をもらいました 先日、小学校2年生の女の子Sちゃんがレ …

ファイル
生徒さん一人ずつのファイルを用意しました

限られたレッスン時間の中、可能なかぎりテンポよく! 現在つかもと教室に通っている …

集合
2019第一回発表会の様子 前半編

夏休みも終盤、みんな元気いっぱいです お盆休みという夏の一大イベントも終わり、猛 …

no image
ハノンの練習は、こんな風にしています

初めての動画です ~ ハノンの練習風景 ~ 『ハノン』という練習曲は、ピアノを知 …

ト音記号たち
人前で演奏するための5つの練習方法とは?

つかもとピアノ教室で伝えている、人の前で弾くために必要な5つの練習は? ふだんか …

かぼちゃ
(発表会 後編の前に・・・)カボチャをいただきました

いただく手づくり野菜は、よりおいしく感じます 先日、6月からピアノをスタートした …

バッハ2
弾きたいピアノ曲の好みは変化する。こちらの思い込みは要注意

「前前前世」や「千本桜」も大好きな小学生高学年の男の子。 自分の子ども時代を振り …

つかもとピアノ ハロウィン
ハロウィンのお菓子セットをつくりました

10月末はイベントいろいろ!10/27は、原市南小学校にて「ふれあい広場」が行わ …