上尾市で絶対音感トレーニングを取り入れている個人ピアノ教室です。

つかもとピアノ教室@上尾市・東大宮

おうちでの練習中に<?>があれば、どんどんおたずねください

   

つかもとピアノ教室のレッスン方針の一つは、<わからない>がないようにする ですが

ピアノに限らず楽器を始めると、ドレミなど音の名前やさまざまな種類の音符たちを勉強していくことになります。

年少さんや年中さんなど小さな生徒さんもいるので、いかにわかりやすくはいりやすく、そして「ぴあのって、なんだかむずかしい・・・・・」と感じさせないよう生徒さんの様子を見ながら、頭の中をフル回転させています。

そのため、なじみのあるかわいい小物を使って、音符やリズムの学習は毎回取り入れています。レッスン小物棚

時々使うマグネット、これはかわいらしいものが多く、先日のひな人形ではないですが、私の想像以上にみんなものすごーく興味がアリアリです。レッスン室に入ったとたん、まるで吸い寄せられるようにマグネットの棚に。なのでマグネットは、その時に使う数だけを小さなケースに入れて渡します。

先日のレッスンで、あまりにかわいく笑ってしまったのが、年長のKちゃん。

教材の他、前述したように譜読みやリズムのおけいこをしている時、ペン立てのそばにあるマイクを発見!興味ありそうなのでKちゃんに渡すと、楽譜を見ながら、右手で弾く時は左手でマイクを持ちながら歌い、左手で弾く時には右手にマイクを持ち替えて、正しい音程で歌っていました。こはるマイク

とても真剣なまなざしで、目線もOKです。マイク(100円ショップのもの)をにぎるKちゃんのかわいい様子!つい写真を撮ってしまいました。

「楽しそう!」「できそう!!」こんな気持ちが一番大切です。

遊びモードになりすぎず集中もしてほしいので、使用する数その際の目線使いやすさ、そして一番大切なこと、生徒さん自身が理解できているか?など。いくつかのポイントを念頭に、小さな子どもが、なにげなく本気モードに入れる小物を、これからも目を光らせて探すつもりです。

わからないことを持ったままだと、くるしいものです

レッスンでは「そうなんだ、わかった」と思っていても、おうちで楽譜やノート、ワークなどに向き合った時に「ナンカわかんない」「あれー、なんだっけ?」と思えることも、たぶんあると思います。

そういうことがあれば、もちろん次のレッスンで伝えてもらったらよいですが、そのまんま数日経つのは少々もったいない気もします。

わからないことや「どうしたら?」があった。そんな時は、どんどんおたずねください!  

・・・と、保護者の方にも伝えています。

日常生活の中でも、わからないことがあると苦しいものです、というと大げさかもしれませんが、どうするんだろう?どうなるんだろう?と思えることがあれば、私のせっかちな部分も相まって、一刻も早く解決したいし、解決してさしあげたい。そんな気持ちでいます。

 

 

 

 - ピアノ・レッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ひまり
つかもとピアノ教室では教本が一冊終わると、ささやかなごほうびがあります

ふだんのレッスンでは、教材を数冊使います つかもとピアノ教室では、弾いていく楽譜 …

アイロンビーズツリー
かわいらしいツリーをいただきました

クリスマス目前、かわいらしいものをいただきました 寒さも厳しくなり、いよいよ冬本 …

レッスンノート
レッスンでは、こんなノートを活用しています

つかもとピアノ教室では、レッスンノートも使っています レッスンに使うノートは、音 …

笑顔OKマーク
伴奏について、うれしかったこと

小学校、中学校では、音楽会や合唱祭などで、ピアノが弾ける人が伴奏をしますね。習っ …

お花
かわいらしい、いただきもの

玄関が開いたと同時に差し出されたのは・・・ こないだのレッスンで、年中さんのKち …

ミニコン原稿
夏休みに、弾き合い会をします

つかもとピアノ教室では、夏休みに弾き合い会を予定しています 夏休み中の7月末に、 …

つかもとピアノ手紙
かわいいお手紙をいただきました

生徒さんの女の子からお手紙をもらいました 先日、小学校2年生の女の子Sちゃんがレ …

つかもとピアノ レッスン室
明日は<2018夏休みだよ!ミニコンサート>です

つかもとピアノ教室レッスン室に、生徒さん保護者の方々が集まります 明日の夏休み第 …

つかもとピアノ 緊張
<夏休みだよ!ミニコンサート>を行いました②「弾けるようになること」と「弾きこむこと」→レパートリーを持とう!!

練習してきたものを発表することのたいへんさ。大切さ。 <お客様を前に、おじぎをし …

食事
とてもたいへんだけれど、とてもいい勉強になる。それはなにかというと?

毎日の練習は、<基礎>をつくる日々の食事のようなもの ピアノが上手になるには、お …